歯周病とは

歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気 歯周病

歯周病とは細菌により引き起こされる歯肉や歯槽骨(顎の骨)の病気です。歯ぐきの出血から始まり、歯ぐきの膿み、 そして最終的には歯槽骨が溶かされて歯を支えることができなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。 日本の成人の多くはこの歯周病にかかっているとされ、多くの方が歯周病により歯を失っています。

歯周病をやっつけよう!

歯はいつまでもあるわけではありません。適切なケアができなければ歯周病になり、 いずれは抜け落ちてしまうでしょう。そうならないためにも、毎日の歯みがきと定期的な歯科健診が重要なのです。

歯磨き

毎食後の歯磨きはもちろんですが、歯ブラシ以外にもデンタルフロスや歯間ブラシ、うがい薬なども使いましょう。 効率良く歯の汚れを落とすことができます。また正しい歯みがき方法がわからないという方がいらっしゃいましたら、 当院のスタッフまでお気軽にお話しください。親切・丁寧に正しい歯みがき方法をお教えします。

歯科健診

歯周病で最も大事なのは予防すること、そして早期発見・早期治療することです。歯科健診を定期的に受けることで、 早期発見・早期治療が可能になります。なお志木駅前ビル歯科の歯科健診では歯周病の発見・治療の他にも、 虫歯の発見・治療、PMTC、不正咬合の発見、詰め物や被せ物のチェックなどを行います。

歯周内科治療

歯周病の治療は基本的には歯石除去と歯磨き指導です。 ところがいくら治療しても、歯磨きしても歯肉の腫れや出血、口臭で悩まれ、歯を失う方も多数いらっしゃいます。

ところが近年、簡単に薬で治す方法が発見されました。
それは「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

この治療法のポイントは
(1) 位相差顕微鏡での菌の確認
(2) 細菌除去薬剤の内服。
(3) カビとり歯磨き剤による歯磨
(4) 除菌後の歯石とり

特に(1)は非常に重要でお口の中の菌を確認してから投薬しなければなりません。むやみにお薬を出すわけにいきません。歯周病菌は人からうつります。回し飲みや回し食い、キスなどです。
除菌後は定期的に検査を受け、再感染してないかチェックしましょう。

当院では、歯周病原因菌を位相差顕微鏡で調べるだけでなく、顕微鏡では発見できないより小さな歯周病原因菌を、歯周病菌のDNAを調べることにより菌数を確定できるようになりました。

Microexamという信頼できる検査施設で調べることができます。

歯を失ってしまった場合

万一、歯周病により歯を失ってしまっても諦めてはいけません。 「インプラント」以外にも「入れ歯」「ブリッジ」など、 咬合機能の回復を図る治療はたくさんあります。 「他の歯科治療との違い」の項目でそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していますので、ぜひご参照ください。

埼玉県新座市|診療予約|志木駅ビル歯科