他の歯科治療との違い

一体どの治療を選べばいいの?

歯が抜けてしまった場合の治療には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」があります。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、ご自身の状態と照らし合わせてご覧ください。

入れ歯

入れ歯 メリット
  • 多くの歯が抜けてしまった場合にも対応できる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 基本は保険治療なので治療費用が安い
  • 治療回数が少なくてすむ
デメリット
  • バネを使用する場合は支えとなる歯に負担がかかる
  • バネのかかる歯が虫歯になりやすい
  • 違和感が強い
  • 発音に障害が出ることがある
  • 食べ物の温冷が伝わりにくい

ブリッジ

ブリッジ メリット
  • 固定式のため違和感が少ない
  • 食べ物の温冷が伝わりやすい
  • 基本は保険治療なので治療費用が安い
デメリット
  • 支えとするため両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 着脱が出来ないためやや清掃がしずらい

インプラント

インプラント メリット
  • 天然歯と同じ“根”を持つ構造のため骨と強固に結合し天然歯以上のの咬合力がある
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 人工歯がセラミック製のため審美性に優れている
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 自費治療なので治療費用が高い

歯が抜けた本数に応じて

歯が1本抜けてしまった場合

術前

術中

術後

通常はブリッジを使用しますが、それでは隣の健康な歯を削らなければなりません。 インプラントなら、健康な歯にダメージを与えることなく咬合機能を回復できます。

歯が数本抜けてしまった場合

術前

術中

術後

通常は部分入れ歯を使用しますが、部分入れ歯には支えとなる歯へのダメージや装着時の違和感といったデメリットがあります。 インプラントならそのようなデメリットはなく、とても快適にお食事が楽しめます。

全ての歯が抜けてしまった場合

術前

術中

術後

通常は総入れ歯を使用しますが、装着時の強い違和感や発音の障害が出るおそれと、食べ物の温冷が伝わりにくいといったデメリットがあります。 この場合もインプラントであれば、まるでご自分の歯のような感覚で違和感なくお使いいただけます。

埼玉県新座市|診療予約|志木駅ビル歯科